ワンメイクとマルチメイクの違い

ワンメイク マルチメイク
パッケージ化されている
開発コスト低減
変更・改造は禁止
ボディやエンジンなどから自由に選択可能
アイデア次第で低コスト化が実現可能
車両規定の範囲内で様々な開発が可能

 

 

それぞれにメリットデメリットがある

ワンメイク マルチメイク
メリット
マシンが共通で性能差がない
イコールコンディション
ドライバーのスキルで勝負が決まる
チーム力の差が少ない
ドライバーの腕がアドバンテージ!
メリット
性能の良い組み合わせを選べる
アイデア次第でマシンの性能アップ
ドライバーに合わせたセットが可能
自分でモノづくり、修理をすればローコスト
自分でクルマを作りチーム力で戦うレース
チームとドライバーの技術会話力を磨ける
出来るのは国内ではF4だけマシンの性能差がアドバンテージ!
デメリット
マシンに頼る事が出来ずに個性的なドライビングスキルを磨けない
セッティング幅が狭くアドバンテージを得にくい
破損すれば指定部品の交換必須で高額費用発生(修理不可)
必要なセッティング技術の習得が出来ない
デメリット
チーム力の差が出る
モノづくりの程度によってコストに幅が生じる